愛煙家にとってはかなり厳しいです

日本人は煙草を吸う人の数が以前より減ったとはいえ、まだ多くの人が煙草を吸っているのです。屋外では指定された場所、屋内では分煙、愛煙家が心苦しくなっている現在、今度はオリンピックを開催するにあたり、「屋内全面禁止」を政府と東京都が模索しています。
一昔前まで日本では、煙草をプカプカと吸っている人がかなりいました。高校生が学校で煙草を吸って問題になる程ですからよほど、煙草がないと生きてゆけないのでしょう。元々、煙草の値段が外国から見れば非常に安い日本、1箱200円という安い時期がありました。
その為に、未成年が禁止されているにもかかわらず、煙草を買って吸う時代が長くありました。ヨーロッパでは、屋内全面煙草禁止を打ち出している為に、さらに追い打ちをかけるような事がありました。2020年に開催される予定の東京オリンピックです。実はIOCがオリンピックを開催するにあたり煙草ゼロを打ち出したのです。煙草を吸っている人にとっては、今でも十分につらい思いを受けているのに、さらに肩身の狭い思いを受けているに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です